読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけのこ哀歌

つぶやききれない諸々を、つらつらと。

たけのこ哀歌

美味しいたけのこの季節だけ訪れて、あとは放任主義の竹藪がだいぶ酷い有様になりました。

 

いっそ花でも咲かせて枯れてしまえと思うくらいに荒れて荒れて。

 

ちょっと綺麗にしようと思い立ったのが一ヶ月くらい前のことで、以来、ちょくちょく合間を見ては竹を切る生活送ってます。なかなか楽しい。

 

 

5分おきに撮影。全然変わらない。

 

「だいぶ綺麗になったんじゃないの! すっごい竹切ったもん!」

 

 

と、モニターを覗くまではそこそこ達成感があったんだけれど、一朝一夕にどうにかなるアレじゃないみたいです。ガッカリです。

 


 

 

 

 最初と最後の二枚を比較してもこんな感じ。

 


 

 

 

枯れて折れてどうしようもなくなった竹はそこそこ取り除けています。

 

枯れているのは軽いからまだしも、葉の繁った竹を切るのはなかなかの重労働。

日ごろの運動不足がたたって身体の節々が痛いです。

 

足元のゴチャゴチャしているのは竹を分解してくれる小さな仲間に任せるとしても、果たして竹藪を綺麗にできるのはいつになることやら。