読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけのこ哀歌

つぶやききれない諸々を、つらつらと。

遠野旅(そのさん)

遠野旅(そのいち) - たけのこ哀歌』 

遠野旅(そのに) - たけのこ哀歌

 

 

 

 

 

 1910年6月14日は遠野物語が刊行された日らしいです。

 

 遠野物語、良いですよね。

 

 遠野物語を読んだのが大学生の頃だったからええと、何年前になるんでしょう。

 

 ともかく!!!

 

 遠野へ行ってきました。

 

 2ヶ月近くも前のことです。

 

 この記事の中の遠野はまだ桜が五分咲きくらいですし、田植えもまだまだです。

 

 ぶっちゃけ記憶は曖昧ですし、もしかしたら遠野に行った夢を見ていただけかもしれません。

 

 とにもかくにも!!!

 

 遠野へ行ってきました。

 

 橙ちゃんを探しにです。

 

 

 

 ここまでガッツリと走ってきて伝承園に到着したのがだいたい午前10時ころ。

 

 本当は一日中サイコン回しっぱなしでいたかったんですが、ふとスマートフォンの電池を見たらすでに半分以上消耗してしまっていて泣く泣く終了しました。

 

 バイバイサイコン。お前と過ごした三時間は忘れないよ。

(尚、遠野旅から2ヶ月近くたっても未だに出番がない模様。ホント無駄な買い物でした)

 

 

 

 伝承園、オシラサマを一目見たくて来園したのですがここ、とても密度が濃くて楽しかった覚えがあります。

 

f:id:lenthionine:20160614200539j:plain

 

 ちょうどこの日はこいのぼりの準備をしていました。

 単語の節句も近いですからね。

 

f:id:lenthionine:20160614200547j:plain

 

 曲がり屋、初めて入ったんですがおばあちゃんちみたいな感じでした。

 おばあちゃんちより立派だ。

 

 

f:id:lenthionine:20160614201431j:plain

 

 囲炉裏も完備されてます。いや、実にあたたかい。

 

 この囲炉裏のそばにスピーカーが置いてありまして、録音された語り部の話を聞くことができたのですが「むかしあったずもな」から始まって「どんどはれ」で終わる、このね、遠野の昔話、良いですよね。

 

「どんどはれ」の由来は多々あるそうですが、遠野旅中に出会った「ござを払え」が訛ったものって説が個人的に好きでした。

 

 昔々の冬の夜、囲炉裏ばたに家族がつどって子供たちに昔話を聴かせたあと「夜も遅いしお話は終わり。ござを払って寝なさい」みたいなシチュエーション、あたたかみありませんか!

 

f:id:lenthionine:20160614202125j:plain

 

 

 

 御蚕神堂(オシラ堂)も立ち寄ってきました。

 

 ここはホント、実際に足を運んでもらいたい場所だなあって思いました。

 とにかくね、雰囲気がすごいんですよ。うん。すごかった。

 

f:id:lenthionine:20160614202724j:plain

 

 

 

そしてこのあとは遠野ふるさと村へ。

 

f:id:lenthionine:20160614204103j:plain

 

マヨイガ橋の先にはマヨイガの森が広がっていて、その先に曲がり屋が点在しているんですがどこを探しても橙ちゃんはいませんでした。

 

くやしかったです。

 

 

いざとなったら物理攻撃もできるから蜂の巣は神。

 

 

フェアかファウルかもめませんよね。

 

 

ちぇんちゃん

 

 

●五百羅漢

 

f:id:lenthionine:20160614203035j:plain

 

f:id:lenthionine:20160614203907j:plain

 

 

石がいっぱいありました。

 

遠野はほんと、石碑が多いですよね。

 

 

 

●卯子酉様

 

f:id:lenthionine:20160614203004j:plain

 

赤い布がいっぱいありました。

 

恋愛祈願の神社だそうで、若い女性の方がひっきりなしに訪れていました。

 

私は一介の観光客だから長居せずにおとなしく帰りました。

 

 

 

 

そのあとは遠野市立博物館ととおの物語の館を訪れてホテルに到着。

 

お夕飯はなんかものすごい上品な料理と国華の薫(本醸造)をいただきました。

 

岩手県のお酒はタクシードライバーと南部美人くらいしか飲んだことなかったけれども、とにかく上品な香りの日本酒でした。

 

美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

……となんだかだいぶ間が開いてしまいましたが遠野探訪の思い出でした。

 

 

やっぱね、遠野物語を読んでから訪れる遠野ってすごい楽しいというか何というか。

 

また時間をつくって遊びに来たいですね。こんどは今年の秋頃……かなあ。